本文へスキップ

Nakayama is between Narita And Haneda International Airport

中山・下総・散歩道

正覺山成就院教信寺|行徳浦安三十三所観音第16・17番札所

教信寺石仏左 教信寺石仏右
正覺山成就院教信寺は、信楽寺と教善寺という二つの寺が合併したお寺です。ですので、教信寺は行徳浦安三十三所観音札所の第16番と第17番札所でもあります。また、教信寺境内に祀られている石仏も壮観です。

正覺山成就院教信寺

開創 元亀元年(1570年)室町時代
開山 圓蓮社寂譽順公上人
本尊 阿弥陀如来(あみだにょらい)
包括団体 「浄土宗」
宗祖 法然上人(1133〜1212)
沿革
茫々たる四百有余年の歳月、多くの人々に慈悲と和の心を養って今日に至る。度重なる津波、震災の受難を経、昭和20年1月の大空襲にて「信楽寺(しんぎょうじ)」の本堂・庫裏等諸堂宇全てが壊滅。昭和28年8月「教善寺」と合併し「教信寺」と命名、現在に至る。
寺名のいわれ
「自信教人信 難中転更難 大悲伝普化 真成報仏恩」
(自ら信じ人をして信ぜしむること、難が中に転た更に難し、大悲を伝えて普く化すれば、真成に仏恩を奉ずるなり)という善導大師「往生礼賛」の文から名付けられたものである。
所蔵什物
弥陀三尊・如意輪観世音菩薩像・馬頭観世音菩薩像・子育地蔵尊像・如徳白龍弁財天・写経塚
札所 行徳観音16・17番札所
年中行事
大施餓鬼会法要(5月)
十夜百萬遍数珠繰り大法要(11月)
写経の集い・春秋彼岸法要 他

正覺山成就院教信寺門前案内板より


出典・抜粋・引用および参考
正覺山成就院教信寺案内板
市川市ホームページ

正覺山成就院教信寺への交通案内と所在地

正覺山成就院教信寺の最寄り駅と住所

東京メトロ東西線「妙典駅」より徒歩8分
千葉県市川市本行徳38-18

行徳権現道の観光名所のご案内

真宝山法泉寺の石仏群

神宝山法泉寺

徳川家康の休憩所「権現堂」の置かれていた寺院。
正覚山妙覚寺の本堂

正覚山妙覚寺

千葉県で唯一のキリシタン燈籠のある美しい名刹。

海近山圓頓寺の枝垂桜

海近山圓頓寺

身延山久遠寺から株分けされたしだれ桜の咲く古刹。
飯澤山浄閑寺と石仏

飯澤山浄閑寺

行徳街道から続く石畳で、六地蔵が迎えてくれる名刹。

法順山正讃寺

法順山正讃寺

大蛇のお告げで土中より掘り出された石仏のある古刹。
照徳山本久寺の本堂

照徳山本久寺

眼病守護の日蓮聖人像と日蓮聖人一代記の描かれた欄間のある古刹。

正覚山教信寺の石仏

正覚山教信寺

行徳浦安三十三所観音札所の第16番・17番札所の名刹。
関東山徳蔵寺の本堂

関東山徳蔵寺

行徳不動と呼ばれ江戸時代から多くの人々に親しまれている名刹。