本文へスキップ

Nakayama is in between Narita And Haneda International Airport

中山・下総・散歩道

海潮山梵音寺|平安・鎌倉・江戸時代の葛西の歴史を伝える寺院

海潮山梵音寺門前より本堂海潮山梵音寺の本堂
梵音寺は江戸川区東葛西の住宅街に建つ曹洞宗の寺院。本堂は現代的な建築物で、近隣住宅街にとけこんだ素敵な寺院です。しかし梵音寺の歴史と伝えは古く、寺院の縁起によると、平安時代慈覚大師によりその歴史が始まったとあります。江戸川区指定有形文化財で鎌倉時代の年代の記された板碑が梵音寺に祀れれています。そして梵音寺は、江戸時代から続けれれている葛西大師まいりの霊場寺院でもあります。新編武蔵国風土記稿には、梵音寺は禅宗曹洞宗下総国葛飾郡金杉村廣徳寺の末寺で、海潮山と号すとあります。海潮山梵音寺は、平安時代に慈覚大師による建立の縁起を持ち、鎌倉時代の板碑が祀られ、江戸時代初期に中興開山と、葛西地域の歴史と文化を今に伝える名刹です。

海潮山梵音寺

梵音寺

曹洞宗で海潮山と号し、本尊は観世音菩薩です。承和14年(847)慈覚大師の創立といわれ、中興開山は栄室寿盛で寛永3年(1626)に入寂しました。
縁起によると、慈覚大師が唐から釈尊の正法を伝え受けて帰朝の際、大時化にあい難破しそうになりましたが、観世音菩薩の光明が輝いて風は止み、この地に無事上陸できました。
そこで、大師は尊像を栴檀に刻み堂宇を建て、本尊として祀ったのがこの寺の始まりと言われています。

■板碑(区指定有形文化財)
古くから境内のお堂の中に納められ、お地蔵様と一緒に祀られてきました。製作は文保元年(1317)6月で、この地域の鎌倉時代の様子を知る上で貴重な歴史資料です。

平成3年3月
江戸川区教育委員会

海潮山梵音寺門前案内板より


引用、抜粋並びに参考
海潮山梵音寺門前案内板
江戸川区ホームページ
新編武蔵国風土記稿

海潮山梵音寺への交通案内と所在地

海潮山梵音寺の最寄り駅と住所

  • 東京メトロ東西線「葛西駅」より徒歩12分
  • 東京都江戸川区東葛西2−28−16

葛西大師講|長島・桑川組の霊場

葛西の普照山智光院

普照山智光院閻魔寺

行基菩薩ゆかり室町時代創建の浄土宗の古刹。
葛西の一向山無量院称専寺

一向山無量院称専寺

地蔵菩薩像と阿弥陀如来像庚申塔のある浄土宗の古刹。

葛西の安照山太子院清光寺

安照山太子院清光寺

長島高城と呼ばれる中世城館の推定地に建つ古刹。
常盤神社(船橋大神宮)境内

海宝山地蔵院正円寺

本尊延命地蔵菩薩像を安置する室町時代建立新義真言宗の古刹。

葛西の医王山応心院東善寺

医王山応心院東善寺

眼病にご利益のある薬師様として親しまれている古刹。
葛西の海潮山梵音寺

海潮山梵音寺

平安・鎌倉・江戸時代の歴史と文化を今に伝える名刹。

葛西の覚王山神宮寺自性院

覚王山自性院

静かな佇まいをたたえる室町時代創建の美しい古刹。

葛西大師講|船堀・宇喜田・小島組の霊場

葛西の智光院

稻香山横道院光明寺

眼病に御利益がある横道のお不動様で知られる名刹。
中葛西の釈迦堂

釈迦堂(中葛西)

江戸川区中葛西のバス通りにひっそりと建つ小さなお堂。

葛西の智光院

明光山龍光寺

威風堂々と建つ本堂、白い石灯籠とお地蔵さんのある美しい寺院。
北葛西の金胎山不断光安楽寺

金胎山不断光院安楽寺

船堀街道から見える地域で珍しい木造鐘楼門の建つ寺院。

葛西大師講|仲町・新田組の霊場

葛西駅前の地蔵堂

地蔵堂(仲町地蔵尊)

東京メトロ葛西駅からすぐ、都会の交差点に祀られた地蔵尊。
葛西の無量寿山遍照智院昇覚寺

無量寿山遍照智院昇覚寺

大きくて美しい江戸川区有形文化財の鐘楼の建つ古刹。

葛西大師講|雷組の霊場

雷不動葛西の真蔵院

海松山真蔵院

雷不動・波切不動と呼ばれたくさんの信仰を集めていた名刹。

葛西大師まいり周辺の寺院と神社

堀江大師(清滝山宝城院観音寺)

堀江大師(清滝山宝城院観音寺)

浦安・行徳三十三所観音霊場巡りの霊場でもある浦安の古刹。
浦安の清滝神社

清滝神社

只今製作中です。

葛西の雷香取神社

雷香取神社

力強い社殿と可愛らしい狛犬の置かれた桑川新田の鎮守。
葛西の妙蓮寺

常光山妙蓮寺

美しく整えられた松と七福神像の建つ石庭のある日蓮宗の寺院。