本文へスキップ

Nakayama is in between Narita And Haneda International Airport

中山・下総・散歩道

覚王山自性院|静かな佇まいをたたえる室町時代創建の古刹

覚王山自性院の山門からのぞく秋の風景覚王山自性院の本堂
葛西橋通り一本北の住宅街に入ると大きな瓦屋根が見えます。右の細道に入ってすぐの所に東向きに山門が建ち、山門からは真直ぐ延びた参道が覗きます。葛西橋通りの喧騒とまるで対極にあるような静けさを讃える美しい光景を見ることのできるます。自性院は覚王山神宮寺と号し、室町時代後期に建立された長島と呼ばれた江戸川区東葛西に建つ真言宗豊山派の古刹です。江戸川区で親しまれている葛西大師まいりの霊場寺院でもあります。自性院は慌ただしい日常を忘れさせてくれる静かな佇まいの寺院です。

覚王山自性院

自性院

文亀元年(1501)寂の良範法印を開山とする旧長島村の古刹で、真言宗豊山派、覚王山神宮寺と称します
本尊には大日如来坐像をまつり、参道入口に観音菩薩像庚申塔庚申塔があります。
■観音菩薩像庚申塔(寛文8年銘)
(江戸川区登録有形民俗文化財)
舟形後背をもつ観音菩薩像で、「奉待庚申結衆三尸教祈願成就二世安楽所」と刻まれています。三尸は、中国の道教に由来するもので、人間の体内にいて、60日に一度めぐってくる庚申の日の夜に、眠った人の体内から抜け出して天帝に罪過を告げにいく虫と信じられています。江戸時代の庚申信仰の本尊の多くは、悪疫を退治する青面金剛が刻まれましたが、初期には阿弥陀や地蔵、観音などが刻まれました。
昭和62年3月
江戸川区教育委員会

覚王山自性院門前案内板より


引用、抜粋並びに参考
覚王山自性院門前案内板
江戸川区ホームページ
新編武蔵国風土記稿

覚王山自性院への交通案内と所在地

覚王山自性院の最寄り駅と住所

  • 東京メトロ東西線「葛西駅」より徒歩11分
  • 東京都江戸川区東葛西2−30−20

覚王山自性院周辺の地図

覚王山自性院と東葛西地域の案内図

古川親水公園と東葛西地域の名所案内図のPDF

長島町・桑川町周辺の観光名所のご案内

葛西の長島山善徳寺

長島山善徳寺

可愛らしい石仏と石像が迎えてくれる日蓮宗の古刹。
常盤神社(船橋大神宮)境内

海宝山地蔵院正円寺

本尊延命地蔵菩薩像を安置する室町時代建立新義真言宗の古刹。

葛西の安照山太子院清光寺

安照山太子院清光寺

長島高城と呼ばれる中世城館の推定地に建つ古刹。
葛西の医王山応心院東善寺

医王山応心院東善寺

眼病にご利益のある薬師様として親しまれている古刹。

葛西の覚王山神宮寺自性院

覚王山自性院

静かな佇まいをたたえる室町時代創建の美しい古刹。
葛西の昇覚寺鐘楼

葛西大師まいり

只今製作中です。

新川千本桜と火の見櫓の風景

船堀・一之江・葛西 水辺の散歩道

新川・古川・一之江境川など親水公園と江戸名所図会にも紹介される古刹もある季節の彩豊かな散歩道。
江戸川の風景

江戸川と川辺の散歩道

東京と千葉の境を流れる江戸川。河川敷は流域にすむ人々の散歩道。江戸時代は水運の大動脈でした。