本文へスキップ

Nakayama is in between Narita And Haneda International Airport

中山・下総・散歩道

English Page

羅漢の井|弘法大師伝説発見伝説のある井戸

里見公園の羅漢の井弘法大師伝説の羅漢の井
里見公園南側の坂道を下り江戸川の少し手前、里見公園からはバラ園の奥の階段を下りたところには、弘法御大師発見伝説のある羅漢の井と呼ばれる井戸があります。「弘法大師がここに来たの?」と不思議に思いますが、国府台には古代、下総国国府が置かれていたことから歴史上有名な人物が来訪していました。近くの下総国国分寺と真間山弘法寺は行基創建伝説があり、真間山弘法寺の扁額は弘法大師空海によるとの伝説もあります。また平将門はこの地を駆け、源頼朝はこの地で下総・上総の兵を集め再起を図りました。太田道灌が里見公園の地に国府台城を築いたのは、もちろん戦略上の重要性もあったしょうが、この井戸があったからかもしれません。

羅漢の井

羅漢の井

羅漢の井は、江戸名所図会に大きく紹介されている弘法大師発見伝説のある井戸。いわゆる「弘法清水伝説」の井戸です。この井戸は里見公園の南斜面下にあり、一年中清水が湧いています。戦国時代には国府台城に在陣する兵士が飲用水として使用していたとことでしょう。また地域の名水としても知られています。(現在は飲料ではありません。「此の湧水は、飲用には適しません。」と羅漢の井脇の案内板にあります。)
里見公園のある国府台は下総台地の高台のため、飲料水の入手が困難な土地柄です。一年中こんこんと清水の湧き出すこの井戸に、このような「弘法清水」伝説が生まれたのかもしれません。


抜粋・引用および参考
市川市ホームページ
里見公園内案内板
江戸名所図会6 ちくま学芸文庫
新編 市川歴史探訪 崙書房
新編 江戸川ライン歴史散歩 崙書房

弘法大師伝説のある羅漢の井への交通案内と所在地

羅漢の井(里見公園内)の最寄り駅と住所

  • 京成本線「国府台駅」徒歩10分
  • 北総開発鉄道「矢切駅」より徒歩10分
  • 千葉県市川市国府台3-9
里見公園と江戸川の地図

里見公園など江戸川沿岸名所案内

江戸川沿岸の散歩道の案内図のPDF

羅漢の井など里見公園内と近くにある名所 ご案内

花見の名所里見公園

里見公園(国府台城跡)

四季折々の自然や花々だけでなく、国府台城跡など、歴史や文化も楽しめる公園です。
里見公園のバラ祭り

里見公園の四季

春は桜、初夏のバラ、秋の紅葉、そして北原白秋旧宅や明戸古墳などのある素敵な散歩道。

紅葉の紫烟草舎

紫烟草舎(北原白秋旧宅)

昭和の香り漂う詩人北原白秋旧宅。
弘法大師伝説の羅漢の井

羅漢の井

弘法清水伝説のある井戸。

里見群亡の碑と夜泣き石

里見群亡の碑と夜泣き石

第二次国府台合戦の激しさを今に伝える大切な歴史遺産。
明戸古墳石棺

明戸古墳石棺

江戸名所図会にも紹介された古墳時代後期に造られた古墳の石棺。

式正織部流の茶室

式正織部流の茶室

戦国時代の武将で茶人の古田織部が創始した茶道の流派の茶室。
安国山総寧寺本堂

安国山総寧寺

江戸時代、徳川幕府より10万石の大名と同等の格式を認めらた寺院。

国府台天満宮

国府台天満宮

室町時代からの伝統行事国府台辻切り行事を今に伝える天満宮。
初夏のじゅん菜池緑地

じゅん菜池緑地

姫宮と茶室「登龍庵」のある梅と紅葉の名所である自然豊かな公園。

江戸川の流れ

江戸川沿岸の散歩道

東京都と千葉県の 間を流れる江戸川沿岸は豊かな自然と下総葛飾の長い歴史を今に伝える遺跡跡や名所の残る散歩道です。
春の手児奈霊神堂

手児奈・真間山周辺の散歩道

万葉集に詠われた真間の手古奈、行基・弘法大師創建伝説のある弘法寺、芝桜の美しい郭沫若記念館ほか、四季折々の彩の楽しめる散歩道。

回向院別院の庭園

回向院別院と国府台緑地

千葉県建築文化賞を受賞した本堂と石庭と竹林と、カフェテリア回向院でくつろいだ時間を楽しめる名刹。
アイリンクタウン展望施設

アイリンクタウン展望施設

東京を東から一望できる展望施設。富士山と東京スカイツリーを眺める最高のビュースポット。