本文へスキップ

Nakayama is in between Narita And Haneda International Airport

中山・下総・散歩道

English Page

国府神社|日本武尊の東征神話ゆかりの古社

国府神社国府神社の扁額 国府神社境内国府神社本殿
国府神社は、市川市と松戸市を結ぶバス通り脇の丘の上ににひっそりと鎮座する日本武尊をお祀りする小さな古社です。日本武尊の東征の際に、下総と武蔵国の間に横たわる当時太日川と呼ばれた江戸川から荒川までの間に広がる広大な湿地帯を渡河する地点をコウノトリに教わったことのご褒美に、尊がこの地を鴻之台と名付けたというお話も伝わっています。江戸名所図会には鴻の台と記されれています。また、国府の置かれた台地との説もあります。
国府神社は、日本武尊伝説と地域の歴史を今に伝える小さな神社です。

国府神社

国府神社

永保7年2月8日(1087)創建の古社である。大鳥大神とも称される神社で、日本武尊(やまとたけるのみこと)の東国平定の際、今の江戸川の市川側の台地から武蔵国側に、大河を渡河する場所が見つからずにいると、どこからともなく一羽のコウノトリが飛来し渡河地点を指示し、無事に渡河できたことより、その地を鴻の台と名づけ、神社は、日本武尊を御祭神として祀られている。後年陸軍兵営設置のため社は現在地に遷座され、今の社殿は、県道拡幅のため昭和43年に造営されたものである。
御祭神:日本武尊(やまとたけるのみこと)
住 所:市川4−4−18

国府神社参道脇案内板より

国府神社

伝えによると、景行天皇の皇子、日本武尊が東征のおり、下総の賊を平定してこの台地に陣を張りました。そして武蔵国に向かおうとしたのですが、下総と武蔵の台地の間には、たくさんの河川がデルタを形成していたため、舟を使わず浅瀬を渡ることはできないものかと思案しました。
こおとき一羽のコウノトリが現れ、尊の前にかしこまって「私が浅瀬をお教えいたしましょう。どうぞ私について来てください。」と申しました。尊は大軍を率いてコウノトリの後に続き、難なく武蔵国の台地に着くことができました。
尊はコウノトリの功績をほめて、下総の台地をコウノトリに授けることにしました。このことから、この台地がコウノトリに与えた台地、即ち「鴻之台」と呼ばれるようになったと言います。(本来は下総国府の置かれた台地であるところ国府台の名称が起ったものです。)
本神社はこの伝承に基づいて、御祭神を日本武尊、そして「コウノトリの嘴」を御神体として、寛治元年(1087)2月8日の創建と伝えています。一時は「鳳凰大明神」と呼ばれたこともありましたが、下総国府を建てられた神社であるところから、国府神社と称されるようになりました。境内に稲荷神社、天満神社が祀られています。

平成4年3月
市川市教育委員会

国府神社鳥居裏案内板より


引用、抜粋並びに参考
国府神社参道脇案内板
国府神社鳥居裏案内板
市川市ホームページ

国府神社の交通案内と所在地

国府神社の最寄り駅と住所

  • 京成本線「国府台駅」徒歩6分、JR総武線「市川駅」徒歩20分
  • 千葉県市川市市川4−4−18
国府神社と江戸川の地図

国府神社など江戸川沿岸名所案内

江戸川沿岸の散歩道の案内図のPDF

国府神社周辺と江戸川沿岸の観光名所 ご案内

江戸川の流れ

江戸川|葛飾を貫く経済の大動脈

葛飾と呼ばれた地区を貫く大河川。江戸の経済の大動脈。歴史と文化、自然豊かな散歩道。
小岩菖蒲園

小岩菖蒲園(江戸川の風景)

江戸川河川敷に広がる菖蒲園。満開の時期にはたくさんの人々が訪れる江戸川の名所。

都立水元公園の春の水辺

水元公園と周辺の散歩道

自然豊かな都立水元公園と地域の文化を伝える名所の散歩道。
葛西神社の鳥居と桜の花

葛西神社

徳川家康公をお祀りしている、葛西三十三郷の総鎮守の古社。

花見の名所里見公園

里見公園周辺の散歩道

桜とバラ、紅葉の名所里見公園を中心に北原白秋の旧家他、国府台・真間の名所のご案内。
善養寺の影向の松

星住山地蔵院善養寺

小岩不動として古くから親しまれている古刹。国指定天然記念物影向の松は壮観。

矢切の渡しの石碑

矢切の渡し

葛飾柴又と松戸市矢切を結ぶ現在も運行している渡し舟。
市川市国府台の国府神社

国府神社

日本武尊東征伝説ゆかり、市川市国府台に建つ小さな古社

市川の関所跡

市川関所跡

伊藤佐千夫の「野菊の墓」や高浜虚子の「中山寺」に描かれています。
小岩市川の渡し場の常燈明

愛宕山地蔵院寶林寺と常燈明

小岩市川の関所と渡し場に建てられていた常燈明の残る寺院。

国指定天然記念物影向の松

晴立山本蔵寺

代々関所役人を務めていた中根氏の館跡に建つと伝えられる寺院。
行徳街道に架かる行徳橋

行徳街道の散歩道

徳川家康、松尾芭蕉、十返舎一九ほかたくさんの人が通った道。

都立篠崎公園

篠崎公園

四季折々の美しい風景を楽しめるとても贅沢な散歩道です。
篠崎ポニーランド

江戸川区篠崎ポニーランド

江戸川河川敷に馬が見れる場所。非日常を楽しめる場所です。

行徳常夜灯公園

行徳常夜灯公園(行徳新河岸跡)

行徳新河岸に建つ常夜灯。房総や北関東への旅がここから始まります。
浦安市境川の風景

堀江・猫実(浦安)の散歩道

浦安市を流れる境川周辺の名所では今も江戸情緒を楽しめます。

今井の渡し跡

今井の渡し旧跡 市川市行徳

江戸の東の入口今井の渡し場跡。徳川家康はこの付近から行徳に上陸し鷹狩に向かったそうです。
江戸川区の今井の渡し跡

今井の渡し跡 江戸川区

柴屋軒宗長の紀行文「東路の津登」にも登場する今井の津。江戸川の歴史を今に伝えています。

瀧亀山清泰院浄興寺

瀧亀山清泰院浄興寺

室町時代の連歌師宗長と戦国武将北条氏康の句の残る江戸川と今井の渡しの歴史を伝える古刹。
古川親水公園の八重桜

古川親水公園

日本最初の親水公園。桜とあじさいの美しい公園。公園沿いの寺院 が古川の歴史を今に伝えています。

新川と火の見櫓と桜

新川(船堀川)の散歩道

江戸の水運の大動脈だった新川。今では、桜並木の美しい江戸情緒たっぷりの散歩道。
新中川を舞う水鳥

新中川沿岸の散歩道

江戸川区を北から南に貫く新中川放水路は、四季折々美しい風景を見せる散歩道です。

江戸川に咲く桜の花

江戸川に咲く季節の花々

江戸川の沿岸には季節をとおして様々な花々が咲きます。