本文へスキップ

Nakayama is in between Narita And Haneda International Airport

中山・下総・散歩道

English Page

瀧亀山清泰院浄興寺|今井の渡しの歴史を伝える古刹

瀧亀山清泰院浄興寺の門前瀧亀山清泰院浄興寺境内
瀧亀山清泰院浄興寺本堂瀧亀山清泰院浄興寺鐘楼
江戸川今井の渡し跡のほど近い住宅街の中、近代的な堂宇の立ち並ぶ瀧亀山清泰院浄興寺があります。緑豊かな境内には区指定の文化財も多数安置されています。
浄興寺は江戸名所図会にも紹介されている、江戸時代から多くの人々に信仰された浄土宗の寺院。本尊は阿弥陀如来。室町時代の永正6年(1509)に、連歌師柴屋軒宗長は、隅田川を下り今井の渡しを通り浄興寺にたちより、「富士の根は遠からぬ雪の千里かな」を残している。今井の渡しは室町時代からあり、そして当時は富士山が良く見えたこともこの句からわかります。
また、戦国時代の天文15年(1546)には、小田原北条氏3代目北条氏康が一宿し「松風の吹く音きけばよもすがらしらべことなるねこそかわらぬ」と句を残しています。江戸名所図会には本堂前に「琴弾の松」と呼ばれる大きな松の木が描かれています。
瀧亀山清泰院浄興寺は今井の渡しと地域の歴史を今に伝える素敵な古刹です。

瀧亀山清泰院浄興寺

浄興寺

浄土宗の古刹で瀧亀山清泰院と号し、もとは芝増上寺の末寺でした。文永3年(1266)源清和尚が草庵を結んだのが始まりで、弘安年間(1276〜87)に記主禅師が鎌倉の光明寺から下総の光明寺へ赴く途中この寺に一宿した時住持が開山を願ったものといわれます。

■木造大塚氏先祖夫妻坐像(区登録有形文化財)

大塚家は今井村の草分けで、寺にある坐像は江戸時代初期の作と推定されています。

■大塚宗蔵の墓(区登録史跡)

大正初年度まで本区の地場産業だった梨栽培の創始に力を尽くした大塚宗蔵(文政7年〈1822〉没)とその家族の墓です。

■新川梨の碑(区登録有形文化財)

文政八年、宗蔵の一周忌に建てられました。

■力誉上人筆子塚・順定和尚筆子塚・声誉上人随誉上人筆子塚(いずれも区登録有形文化財)

寺の歴代住職は寺子屋を開いて村人の教育に努めました。三基とも長卵形の石造無縫塔で、筆子たちによって建立されたものです。


平成5年(1993)3月
江戸川区教育委員会


瀧亀山清泰院浄興寺門前案内板より


■新川梨について

享和(1800年頃)の時、大塚宗蔵は新川の南で梨の栽培を始めた。改良を重ね文政4年(1821年)の秋収穫した梨を幕府に献上し好評を得、その後も毎秋幕府に納めた。
この梨は、甘く柔らかく歯切れがよく天下にない味覚で「新川梨」と呼ばれ江戸の町で売られ、新川周辺で栽培も広まったが、大正6年(1917年)の大水害を受け、その後梨栽培は衰退した。
文政8年(1825年)宗蔵の子吉豊は父の一周忌にあたり業績を刻んだ石碑「楽誉君種梨樹碑」を梨園に建てた。
この碑は、現在大塚家の菩提寺今井の浄興寺に移されている。

平成27年3月 江戸川区


新川口児童遊園内案内板より


引用・抜粋および参考
瀧亀山清泰院浄興寺門前案内板
江戸川区東葛西 新川口児童遊園内案内板
江戸名所図会6 ちくま学芸文庫

瀧亀山清泰院浄興寺への交通案内と所在地

瀧亀山清泰院浄興寺の最寄り駅と住所

  • 都営新宿線「一之江駅」徒歩14分・「瑞江駅」徒歩16分
  • 東京都江戸川区江戸川3-22-5
今井の渡し周辺案内図

今井の渡し跡周辺の名所案内図

今井の渡し跡周辺今井地区の観光名所案内図のPDF

江戸川沿岸の観光名所 ご案内

都立水元公園の春の水辺

水元公園と周辺の散歩道

自然豊かな都立水元公園と地域の文化を伝える名所の散歩道。
葛西神社の鳥居と桜の花

葛西神社

徳川家康公をお祀りしている、葛西三十三郷の総鎮守の古社。

花見の名所里見公園

里見公園周辺の散歩道

桜とバラ、紅葉の名所里見公園を中心に北原白秋の旧家他、国府台・真間の名所のご案内。
善養寺の影向の松

星住山地蔵院善養寺

小岩不動として古くから親しまれている古刹。国指定天然記念物影向の松は壮観。

矢切の渡しの石碑

矢切の渡し

葛飾柴又と松戸市矢切を結ぶ現在も運行している渡し舟。
市川市国府台の国府神社

国府神社

日本武尊東征伝説ゆかり、市川市国府台に建つ小さな古社

市川の関所跡

市川関所跡

伊藤佐千夫の「野菊の墓」や高浜虚子の「中山寺」に描かれています。
小岩市川の渡し場の常燈明

愛宕山地蔵院寶林寺と常燈明

小岩市川の関所と渡し場に建てられていた常燈明の残る寺院。

国指定天然記念物影向の松

晴立山本蔵寺

代々関所役人を務めていた中根氏の館跡に建つと伝えられる寺院。
行徳街道に架かる行徳橋

行徳街道の散歩道

徳川家康、松尾芭蕉、十返舎一九ほかたくさんの人が通った道。

都立篠崎公園

篠崎公園

四季折々の美しい風景を楽しめるとても贅沢な散歩道です。
篠崎ポニーランド

江戸川区篠崎ポニーランド

江戸川河川敷に馬が見れる場所。非日常を楽しめる場所です。

行徳常夜灯公園

行徳常夜灯公園(行徳新河岸跡)

行徳新河岸に建つ常夜灯。房総や北関東への旅がここから始まります。
浦安市境川の風景

堀江・猫実(浦安)の散歩道

浦安市を流れる境川周辺の名所では今も江戸情緒を楽しめます。

今井の渡し跡

今井の渡し旧跡 市川市行徳

江戸の東の入口今井の渡し場跡。徳川家康はこの付近から行徳に上陸し鷹狩に向かったそうです。
江戸川区の今井の渡し跡

今井の渡し跡 江戸川区

柴屋軒宗長の紀行文「東路の津登」にも登場する今井の津。江戸川の歴史を今に伝えています。

瀧亀山清泰院浄興寺

瀧亀山清泰院浄興寺

室町時代の連歌師宗長と戦国武将北条氏康の句の残る江戸川と今井の渡しの歴史を伝える古刹。
古川親水公園の八重桜

古川親水公園

日本最初の親水公園。桜とあじさいの美しい公園。公園沿いの寺院 が古川の歴史を今に伝えています。

新川と火の見櫓と桜

新川(船堀川)の散歩道

江戸の水運の大動脈だった新川。今では、桜並木の美しい江戸情緒たっぷりの散歩道。
新中川を舞う水鳥

新中川沿岸の散歩道

江戸川区を北から南に貫く新中川放水路は、四季折々美しい風景を見せる散歩道です。

江戸川に咲く桜の花

江戸川に咲く季節の花々

江戸川の沿岸には季節をとおして様々な花々が咲きます。