本文へスキップ

Nakayama is in between Narita And Haneda International Airport

自転車で巡る秋を彩る紅葉の名所の散歩道 IN 江戸川区

都立篠崎公園役者寺行船公園永福寺
秋は紅葉です。10月頃から少しずつ木々の葉に黄色が見え始めます。モミジはもちろんですがイチョウも、ましてやメタセコイアはとても綺麗です。このページでは、透き通った青空の下に木々を彩る秋の色を楽しめる江戸川区内の紅葉の名所を自転車で巡る道順をご提案しています。東京の東端、住宅街だらけで特に歴史を感じさせない江戸川区ですが、秋はケッコウ楽しめます。また、徒歩では一日1・2カ所の訪問となりますが、自転車でしたらぐんぐん行けます。全行程で20キロメートル弱です。一日のサイクリングにぴったりだと考えます。江戸川区の好いところはほとんど坂道が無いことです。橋や土手を上る以外にはほとんど平坦ですのでママチャリでも楽々走れます。サイクリングで紅葉狩りなんて粋ですね!

以下が主にご案内する名所になります。
自転車で巡る江戸川区紅葉の名所の行程
紅葉の名所 IN 江戸川 走行距離
@都立篠崎公園 0.00
A瀬戸口公園 1.23
B椿第二児童公園 1.98
C一之江名主屋敷 2.48
D大雲寺(役者寺) 3.04
E一之江境川親水公園 4.30
F一之江抹香亭 4.37
G光明寺 7.00
H新川 7.37
I古川親水公園 8.29
J妙勝寺 8.99
K宇喜田中央公園 11.10
L行船公園 11.78
Mふれあいの森宇喜田公園 12.18
M小松川境川親水公園 15.12
N永福寺 15.32
O中央森林公園 18.48
P本一色天祖神社 19.65


訪問順は個人的な好みです。一筆書きですべて訪問できればと考えて東から西への行程としてこの順序になりました。ですが紅葉は午前と午後で表情が全く違いますので、逆回転も好いですし、色々時間を変えて訪問されると一層美しい風景に出会えると考えます。

さて、秋の風景が最も富んでいる都立篠崎公園から出発となりす。
篠崎公園のイチョウ篠崎公園の紅葉
篠崎公園のメタセコイア篠崎公園の紅葉2

園内にはケヤキに始まりモミジ、イチョウ、メタセコイアと少しずつ色づくので、その時その時で色合いの違う秋の風景を楽しめます。
さて、篠崎公園B地区の一番北の端のブロックから出発です。柴又街道の鹿骨二丁目交差点を西に向かって渡ります。
鹿骨二丁目交差点

しばらく進むと新中川に架かる大杉橋が見えてきます。大杉橋にはモミジバフウが両側に植えられ、秋にはみごとな紅葉が見られます。
大杉橋の秋を彩るモミジバフウ

大杉橋を登り、新中川土手上で左折し土手から下りて進みます。すぐに赤く美しく色づいたハゼノキが目に入ります。
新中川の秋を彩る櫨の木

その少し先の左手にあるのが瀬戸口公園です。
市川東高校案内板市川東高校案内板

瀬戸口公園はそれほど大きな公園ではありませんが、春は藤の花が美しく咲く、山もある自然を楽しめる児童公園です。さて瀬戸口公園を出て、再び新中川を走り、京葉道路の手前で土手上に上がり、そして土手下に下り京葉道路を越えてから再び土手上にのり、また土手から土手下の道を進みます。正面に椿第二児童公園の秋の空を彩る木々が目に入ります。
椿第二児童公園の紅葉1椿第二児童公園の紅葉2

椿第二児童公園は新中川土手下に広がるとても小さな公園です。でも土手の緑を借景に素敵な紅葉が楽しめます。さて土手と反対側つまり東側の道路をに出て右折、次の角を左折すると正面にこんもりとしたまるで森のような緑が見えます。一之江名主屋敷の緑です。こちらも広い庭園のそこここに秋の彩りを楽しむことができます。
一之江名主屋敷の紅葉1一之江名主屋敷の紅葉2

さて、一之江名主屋敷の正門を出て右に進み高速道路下で左折し、次の信号で右折直進すると左手に役者寺の山門が見えてきます。役者寺では境内に植えられたモミジの木々がみごと秋を彩ります。
大雲寺(役者寺)の紅葉1大雲寺(役者寺)の紅葉2

さて、役者寺を後にして元の道を戻ります。高速道路下で左折しそのまま椿南橋を渡ります。さらに環状7号線を渡り左の脇道の手前に大きな青い看板に一之江境川親水公園とあります。一之江境川親水公園も所々にモミジが植えられています。
一之江境川親水公園の青い看板一之江境川親水公園の紅葉

そして少し進むと右手に一之江抹香亭があります。抹香亭にも少しだけモミジが植えられています。
一之江抹香亭の紅葉1一之江抹香亭の紅葉2

一之江境川親水公園の小川に沿って進むと、八幡宮の後ろ側の住宅街に妙音寺があります。妙音寺境内でもモミジやイチョウがが色づいています。
妙音寺の秋の風景

小川を進み一つ目の信号を越えたあたりから薄や赤い葉をつける櫨などが見られます。また、左手の木々の奥には長勝寺があります。長勝寺にはみごとに刈り込まれた大きな盆栽のようなモミジが見られます。
長勝寺の紅葉1長勝寺の紅葉2

さて、一之江境川親水公園に戻り先に進みましょう。子供の水遊び場(ジャブジャブ池)の先、水神宮を越えた先の道を渡ったところの正面にモミジが水辺を彩ります。そしてしばらく進み、いくつか信号を渡ると右手に神社、船堀スポーツ広場、そして次に光明寺が現れます。それほどたくさんあるわけではないのですが、光明寺のモミジは堂宇ととてもよく似合っています。
光明寺の紅葉1光明寺の紅葉2

一之江境川親水公園を南端まで進むと新川が見えてきます。新川を東(突き当たって左)に進むとさくら館が見え、その先の陸橋の先にモミジの木があります。新川橋を越えると左手に古川親水公園が見えます。ここから古川親水公園を進みましょう。信号を渡り、環状7号線を少しだけ南に下り信号を渡り、そのまま道なりに進むと二之江神社となります。二之江神社脇を進むと再び古川親水公園となり、橋の先に二之江妙勝寺があります。山門を入ると正面にイチョウとメタセコイアの大木が秋色を纏って迎えてくれます。なお、二之江神社と妙正寺には江戸川区の木ケヤキも色づいています。
二之江妙勝寺の紅葉1二之江妙勝寺の紅葉2

さて、二之江妙勝寺を出て元来た道を戻ります。環状7号線で左折して新川まで進み、新川沿いを右折し、次に新川橋で対岸に渡ります。そして三角橋の手前の脇道で左折し一之江通りに合流し左手に妙蓮寺ある信号で右折します。少し進むと左手に宇喜田中央公園のグランドが見えます。グランドの先の築山辺りから美しい黄金色のイチョウを臨むことができます。
宇喜田中央公園の紅葉1宇喜田中央公園の紅葉2

宇喜田中央公園の脇を進み角で左折し、南端の角で右折します。そのまま真っ直ぐ進むと突き当たり左にたくさんの緑とグランドが目に入ります。宇喜田公園です。そしてその左奥が行船公園です。
行船公園の紅葉1行船公園の紅葉2
行船公園の紅葉3行船公園の紅葉4
行船公園の紅葉5行船公園の紅葉6

行船公園は江戸川区屈指の紅葉の名所。園内をじっくり散策すると時間を忘れてしまいます。さて、行船公園のモミジのアプローチを北に進むと宇喜田公園のグランドに突き当たります。ここで左折し、グランドに沿って次の角を右折そのまま直進すると船堀街道に併走する脇道に進みます。その脇道を直進すると左手にふれあいの森宇喜田公園が現れます。
ふれあいの森宇喜田公園の紅葉1ふれあいの森宇喜田公園の紅葉2

公園はこの脇道と船堀街道に跨がって広がっています。イチョウが数本植えられ、築山にはモミジが植えられています。さてふれあいの森宇喜田公園を出て船堀街道を右折し、船堀駅前に向かいます。駅前を過ぎたら進行方向右の歩道を進みます。歩道ですので、徐行、または自転車をひいて進みましょう。新大橋通りを渡ると「船堀グリーンロード」の標識があります。
船堀グリーンロード標識

この道の秋はとても美しいので、江戸川百景にも選ばれています。さて、危ないので、やはり自転車をひいて秋色の道を進むことをお勧めします。さて、「船堀グリーンロード」が終わり、その先を少し進むと青色の「江戸川区東小松川三丁目」歩道橋が現れます。
江戸川区東小松川三丁目歩道橋

次の信号で左折し道なりに進むと、左手に正徳寺が目に入ります。そして次に正面に善照寺に突き当たります。善照寺を右折するとすぐに小松川境川親水公園の南端付近になります。小松川境川親水公園を右折し川に沿って進むと右の角に寶積寺があります。この角を右折し、次の角を左折、そして左折すると紅葉に彩られた小さな門が現れます。永福寺です。
永福寺の紅葉1永福寺の紅葉2
永福寺の紅葉3永福寺の紅葉4
永福寺の紅葉5永福寺の紅葉6

永福寺の門をくぐると紅葉のトンネル、そして小さな仁王門、本堂の階から見える風景はまるで山寺にいるようで、とても静かで落ち着きます。さて永福寺を後にして再び小松川境川親水公園に沿って北上します。小松川境川親水公園、それ自体、秋好むの公園と呼びたくなるほど秋の風景に富んでいます。
小松川境川親水公園の紅葉1小松川境川親水公園の紅葉2
小松川境川親水公園の紅葉3小松川境川親水公園の紅葉4
小松川境川親水公園の紅葉5小松川境川親水公園の紅葉6

小松川境川親水公園はとても長い公園なので、色々な秋の表情が見られます。江戸川区民ホールを過ぎると公園は二方向に分かれます。まず、右に進んで森林公園を覗いてみましょう。森林公園にもたくさんのイチョウが黄金色に輝いています。
さて、元来た道を戻り、もう一方の道に進みます。大きなマンションの手前の道を右折すると本一色天祖神社があります。ごく普通の神社ですが、紅葉がとてもきれいでしたので小紹介します。
本一色天祖神社の紅葉1本一色天祖神社の紅葉2

また、元来た道に戻り少しだけ進み小さなモミジのトンネルを過ぎると小松川境川親水公園の北の端になります。

自転車で巡る秋を彩る紅葉の名所の散歩道 IN 江戸川区の旅もそろそろ終わりとなります。ここで左折すると新小岩駅に向かいます。右折すると千葉街道に合流します。

皆様の自転車での旅のお役に立ちましたでしょうか?
ご覧頂いた皆様、お楽しみ頂きありがとうございます。
※ なお、このコースは管理人である私個人が自転車でこれら「自転車で巡る秋を彩る紅葉の名所の散歩道 IN 江戸川区」に行く際に使うだろう道のりを書いてみたものです。また、参考にして頂いた皆様が安全にサイクリングを楽しめるようにと考え若干遠回りになっている点もあります。注意点としまして、私が左折・右折といった言葉を誤って記入していることもあると考えますので、地図なども参考にして頂ければ幸いです。

自転車で巡る秋を彩る紅葉の名所の散歩道 IN 江戸川区周辺の地図

篠崎公園観光名所の案内図

篠崎公園と鹿骨周辺観光名所の案内図

篠崎公園と鹿骨周辺案内図のPDF
一之江名主屋敷周辺観光名所の案内図

新川(新川千本桜)周辺の案内図

新川(新川千本桜)周辺の案内図

印刷は下のPDFをご利用ください。
新川(新川千本桜)周辺の散歩道
古川親水公園と新川の地図

新川と古川親水公園周辺の案内図

古川親水公園と東葛西地域の名所案内図のPDF

新小岩香取神社周辺案内図

新小岩香取神社と小松菜屋敷周辺の名所案内図

小松川境川親水公園周辺観光名所案内図のPDF

自転車で行く中山・下総・散歩道 旧葛飾郡の観光名所巡り

金木犀と彼岸花の名所巡り

江戸川サイクリングロード脇に咲く彼岸花

自転車で巡る金木犀と彼岸花の名所

秋の始まりは金木犀の甘い香りとマンジュシャゲの赤い花を追いかけるようにサイクリングしてみませんか?

秋バラの花咲く名所巡り

バラの花々に包まれた市川市東山魁夷記念館

自転車で巡る秋バラの花咲く名所 

市川市の花はバラです。江戸川区はお花の栽培の盛んな区です。自転車で秋のバラ園を巡ってみませんか?

紅葉の名所巡り・市川

紅葉に彩られた真間山弘法寺

自転車で巡り市川の紅葉の名所

市川市内もみじ谷のある名所、大きな公孫樹のある名所、自転車で巡ってみませんか?

紅葉の名所巡り・江戸川

行船公園源心庵の秋の風景

自転車で巡る江戸川区の紅葉の名所 

江戸川区の木はケヤキです。ケヤキからメタセコイアまでを楽しみながら、サイクリングしてみませんか?

市川七福神巡り

妙正寺の福禄寿と寿老人と桜

自転車で行く市川七福神巡り 

市川市の七福神巡りはなかなかハードです。ロードバイクか電動補助付自転車でお参りしてみませんか?

梅と河津桜咲く名所巡り

智泉院に咲く河津桜

自転車で巡る梅と河津桜の咲く名所

河津桜と梅はだいたい同じ時期に咲くので一緒に見ることができます。自転車で覗いてみませんか?

桜のお花見の名所巡り・市川

真間山弘法寺のしだれ桜

自転車で巡り市川の桜の名所

桜のお花見は道順がおそらく必要ないと思いますが、でも、自転車でたくさん見て回りませんか?

桜のお花見の名所巡り・江戸川

荒川土手小松川千本桜公園

自転車で巡る江戸川区の桜の名所 

江戸川区の花は桜です。ですのでそこら中で咲いていますが、サイクリングしてみませんか?
※現在制作中です。

バラ園のある名所巡り

里見公園に咲くピンクのバラ

自転車で巡るバラの花咲く散歩道

市川市・江戸川区・葛飾区にあるバラ園のある公園を自転車で巡って見ませんか?

- 広告 Advertisement -