本文へスキップ

Nakayama is between Narita And Haneda International Airport

中山・下総・散歩道

寺内妙見神社は見晴らしの好い丘の上に立つ小さな桜の名所

寺内妙見神社寺内妙見神社本殿 寺内妙見神社二の酉と桜寺内妙見神社本殿と桜 寺内妙見神社からの眺望寺内妙見神社のしだれ桜 春の寺内妙見神社寺内妙見神社一の鳥居と桜
寺内妙見神社は船橋市西部の以前葛飾と呼ばれていた地域の低い丘と谷の入り組んだ地に広がる住宅街の小さな丘の上に立つ小さな古社。葛飾誌略によると、寺内地域の鎮守で、千葉妙見神社を勧請した神社だそうです。昭和61年に記された神社の案内の中に、「近年枯死した境内老松の年輪が五百年余」と記されていますが、永井荷風が昭和21年2月9日に訪れ、「妙見神社境内に三抱ほどなる老松あるを見る」と彼の日記「断腸亭日常」に記されてます。おそらくこの妙見神社の神木(シンボル)だったと想像されます。今は松の木はありませんが、石段の上に大きなこんもりとした緑色の榎が「妙見神社はここだよ」と目印のように聳え、春には小さな境内に植えられた桜の木がひっそりと花をつけ、ちょっとしたご褒美のように、訪れる人を迎えます。

寺内妙見神社沿革

寺内 妙見神社

御祭神 天之御中主神
神社の全面を北から南へ帯状に伸びる地域は、最近までは水田地帯、往古には海からの入江で白砂青松、景勝の処で台地の上では、古代から人々が生活していたと推察される。
この地は昔から「寺内」と称し、西に「本郷」、東に「印内」と間近に各々独立した村落が形成されたのは、すでに鎌倉時代に遡ると思われる。印内は「院内」で寺院内の意であり、それぞれに別の寺領域の中心であった。
御祭神は古事記神代巻の初めに載る。天地創造、萬物造化の祖神である。
また北辰星宿を司る御神威により、妙見大神と奉称し、安産子育て、方除け、学業増進、生業繁栄の御神徳を有せられる。
古来、下総国の豪族「千葉氏」の尊崇した神で、その勢力が台頭した中世期に、此の里の鎮守として篤信の士により奉斉されたと考えられる。
近年枯死した境内老松の年輪が五百年余を示し、その経緯を裏付けている。
この付近、二子、本郷、西海神等にも元から妙見社の小祠はあったが、(船橋市史・前篇)特に「妙見」を神社名として奉祀するのは当社のみであり、そこに深い由緒の係わりが偲ばれるのである。
御本殿一間社流れ作り、江戸時代末期の造営
昭和四十七年、奉賛会の総意により拝殿の再建をはじめ、社務所の新築、手水舎、狛犬、灯篭、鳥居、石段、参道等を竣工し旧状を一新した。
例祭十月九日、新嘗祭十一月下旬に執り行われる。
今上陛下御在位六十年の佳年を期して茲に当神社の御由緒の一端を記す。
昭和六十一年十一月吉日
宮司 千葉 博
妙見神社奉賛会

寺内妙見神社前案内板より



妙見神社造営記念碑

当社は古来千葉妙見社の分祀と伝えられ開村以来此の里の鎮守として尊崇されてきた社殿の再建が議せられること既に久しけれど機熟せず過般神社総代奉賛会協議し社殿修復建設委員会を設立し之が実現推進を図る。此の度崇敬者の総意を挙げて造営に着手す。昭和四十七年五月八日地鎮祭並に假遷座祭、同七月三十一日上棟祭執行、工事は速かに進捗し社殿玉垣の造営、社務所新築、鳥居、石灯篭、狛犬の調進、水屋改修、参道石段等境内の整備、全て成り社観を一新す仍て同十二月二十六日佳辰を撰び、正遷座祭を斎行せられる。□に竣工にあたり謹みて神威昂揚と町内繁栄を記念し、経過の一端を誌るす。
昭和四十七年十二月吉日
宮  司 千葉 博
奉賛会長 相川壽雄 識

妙見神社造営記念碑銘文より


出典・抜粋・引用および参考
寺内妙見神社前案内板
妙見神社造営記念碑銘文
新版 断腸亭日乗 第六巻 岩波書店
房総叢書 : 紀元二千六百年記念. 第6卷葛飾誌略

寺内妙見神社への交通案内と所在地

寺内妙見神社の最寄り駅と住所

  • JR総武線「西船橋駅」より徒歩15分。
  • 京成線「京成西船駅」より徒歩7分・「東中山駅」より徒歩9分
  • 所在地:千葉県船橋市西船7−3−30

中山法華経寺界隈の観光名所 ご案内

中山奥之院

法華経寺奥ノ院

奥之院は日蓮聖人がはじめて説法をした地とされています。また、法華経寺第一世貫主、日常聖人が法華寺を建立した地でもあります。ひっそり咲く紅梅が魅力。
正中山遠寿院

正中山遠壽院

日蓮宗祈檮相傳荒行道場として有名な正中山遠壽院。徳川将軍家、前田家、道灌ゆかりの太田家など古くから人々の厚い信仰と信頼を集める、中山の歴史と伝統を伝える寺院。

東山魁夷記念館

東山魁夷記念館

市川市東山魁夷記念館は、20世紀の日本を代表する国民的日本画家、東山魁夷画伯がの作品をはじめ、身の回りの品やさまざまな資料を通じ、その生涯と芸術をご紹介する記念館です。
宮本武蔵ゆかり藤原観音堂

藤原観音堂

剣豪宮本武蔵の隠れ家、吉川英治著「宮本武蔵」で武蔵と伊織が出会った場所として紹介されている、武蔵伝説と「身代り観音」のある歴史ロマンあふれる、可愛い小さなお堂です。

忠臣蔵ゆかりの唱行寺

今島山唱行寺

市指定文化財「日蓮坐像」と、忠臣蔵「松の廊下」に登場する梶川与惣兵衛ゆかりの歴史あるお寺。
姥山貝塚

国指定史跡 姥山貝塚

縄文時代中期から後期の馬蹄形貝塚。竪穴住居跡が日本で初めて完全な形で発掘された国指定史跡。

中山観光案内書と清華園

清華園

中山法華経寺参道にある静かな庭園。市川市役所の中山出張所としても利用されています。
小栗判官ゆかり鬼越山神明寺

神明神社と鬼越山神明寺

保存木に囲まれた歴史ある神明社と小栗判官ゆかりの銀杏とお不動様で知られる鬼越山神明寺。

龍経山妙正寺

龍経山妙正寺

七経塚伝説で知られる桜の霊場として知られる寺院。市川七福神の寿老人と福禄寿をお祀りしています。
奉免山安楽寺

奉免山安楽寺

常盤井姫による創建伝説と、奉免という地名の由来を伝える、日蓮宗最初の尼寺。

高石神神社の本殿

高石神神社

戦国里見氏に仕えた武将正木時総にまつわる言伝えのある古社。
安房神社本殿

安房神社

戦国里見氏の少年武将広次にまつわる言伝えのある神社。

日蓮聖人ゆかりの八幡神社

若宮八幡宮

日蓮宗開祖日蓮聖人と中法華経寺初代管主ゆかりの小さな八幡宮。
宝珠山多聞寺と二子浦

宝珠院多聞院と二子藤の池

日蓮聖人ゆかりの寺院と地域の自然を保存した藤棚のある小さな池。

永井荷風ゆかりの妙見神社

寺内妙見神社

葛飾の小さな丘の上に建つ、永井荷風も訪れた桜の花咲く鎮守様。
永井荷風の見つけた葛羅の井

葛羅の井

永井荷風に紹介された、葛飾湧水群を偲ばせる住宅街に残る井戸。

中山法華経寺の五重塔

大本山 正中山法華経寺

春には満開の桜と国指定重要文化財の共演が美しい、鎌倉時代から続く日蓮宗の古刹。
桜の名所真間川の桜並木

桜の名所 真間川

市川を縦横に流れる真間川は、桜の名所としても有名です。お花見の時期にはたくさんの人で賑わいます。

コルトンプラザの桜

コルトンプラザ周辺

JR本八幡駅からシャトルバスも出ている商業施設。博物館や図書館あり、一日中楽しめます。
満開の桜咲く中山法華経寺

桜の名所 中山法華経寺

桜のお花見の名所として知られる中山法華経寺。国指定の重要文化財が複数ある博物館のような古刹。