本文へスキップ

Nakayama is between Narita And Haneda International Airport

中山・下総・散歩道

中山法華経寺hokekyou-ji upon nakayama

正中山法華経寺|室町・江戸・近代、仏教建築の博物館のような古刹

春の中山法華経寺五重塔 秋の中山法華経寺五重塔 桜の名所中山法華経寺 中山法華経寺の節分会
日蓮宗大本山正中山法華経寺を初めて訪れる人の多くは感嘆の声を上げます。市川市と船橋市の市境の地、「急行も快速も止まらない中山に、こんなに大きな寺院があるなんて!」です。中山は現在東京のベッドタウンと表現されていますが、元々は法華経寺の門前町として、二子浦と呼ばれた湊と、千葉街道(佐倉道)と木下街道(鹿島道)の交差する交通の要衝として室町時代や江戸時代には発展していました。
それでは、中山の駅から道々に法華経寺見どころを紹介してゆきましょう。
JR総武線「下総中山駅」から駅前を北に向かう道を進み、国道14号線を越えて京成電鉄「京成中山駅」の脇の踏切を過ぎるとまず、市指定文化財中山法華経寺の総門、江戸時代に建てられた通称黒門があります。そして参道の上には、赤門と呼ばれている仁王門が青空を背景に眼前に聳え立ちます。仁王門を抜けると200メートル程続く参道の両脇には桜並木塔頭寺院が立ち並び、その先には国指定重要文化財の五重塔が正面に見えてきます。参道の先の小さな龍渕橋を渡ると、左手に屋根が二つ並んでいるような比翼入母屋造りの大堂、国指定重要文化財祖師堂が視界いっぱいに広がります。祖師堂後ろの丘の中央手前には四足門、そしてその後ろにの法華堂と共に室町時代の建築で国指定重要文化財に指定されています。法華堂の左隣の刹堂は江戸時代の蔵のような造りの建築物です。次に、祖師堂北、五重塔の隣には千葉県で一番大きな大仏があります。また、道の正面に宝殿門、その奥の森の中の道を進むと大正から昭和にかけて活躍した建築家伊藤忠太作の聖教殿が凛と鎮まった森の中に建っています。境内にはその他にも多くの堂宇が建ち、また塔頭寺院にもたくさんの建物があります。東京からわずか30分のベッドタウンで、室町時代から現在に至る迄仏教建築を楽しむことができます。
このページでは、法華経寺の創建以来の歴史や沿革、文化財や塔頭寺院など境内についての概要をご案内いたします。

日蓮宗大本山 正中山法華経寺 歴史と沿革

日蓮宗大本山正中山法華経寺

日蓮宗大本山正中山(しょうちゅうざん)法華経寺は、祖師日蓮の足跡がみとめられる日蓮宗の霊蹟寺院・大本山です。
中世、この地は八幡荘谷中郷と呼ばれ、下総国守護千葉氏の被官である富木常忍と太田乗明が館を構えていました。彼らは曽谷郷の曽谷氏とともに、日蓮に帰依してその有力な壇越となりました。時に鎌倉時代の中期、建長年間(1249〜55)頃のことです。

富木常忍、太田乗明らの館には持仏堂が建立され、のちにそれが寺院となったのが法華経寺の濫觴です。若宮の富木氏の館は法華寺、中山の太田氏の館が本妙寺となり、当初は両寺が並びたって一寺を構成していました。この両寺が合体して法華経寺を名乗るの、戦国時代の天文十四年(1545)以後のことです。

富木常忍は出家して日常と名乗り、法華経寺初代貫主となり、二代目は太田乗明の子日高が継ぎました。そして千葉胤貞の猶子である日祐が第三代貫主となった鎌倉末期から南北朝期ごろ、法華経寺は隆盛の時代を迎えます。千葉胤貞は当時、守護ではありませんでしたが、千葉氏の有力な一派として威をはり、下総、肥前などの土地を寄進して、日祐の後押しをしています。日祐は胤貞の亡父宗胤の遺骨を安置し、名実ともに法華経寺を胤貞流千葉氏の氏寺とし、その後の法華経寺の基礎をつくりました。その後、室町時代をへて江戸時代に至ると、日蓮宗五大本山の一と位置付けられ、ひろく庶民にまで信仰される寺院となります。寛永年中(1624〜1644)には末寺132、天明年中(1781〜1789)には末寺200、塔頭28を有していたとの記録もあります(寺院本末帳)。

法華経寺には、祖師日蓮の書いた「立証安国論(りっしょうあんこくろん)」「観心本尊抄(かんじんほんぞんしょう)」の国宝や国指定重要文化財をはじめとして多数の聖教(仏典)類が保管されています。これは千葉氏のもとで文筆官僚の任にあたっていた日常が熱心に整理保存に意をそそいで以来、寺内の宝蔵や坊で厳重に保管されてきた結果です。現在は境内の奥の堅牢な聖教殿(しょうぎょうでん)で保管されており、その伝統はいまも確かに受け継がれています。

また、日蓮自筆の聖教の裏からは、鎌倉時代の古文書が発見されました。これを紙背文書と言います。これは富木常忍が提供した千葉氏関係の事務所類を、裏返して著作の料紙として日蓮が使用した結果、偶然のこされたもので、歴史に残りにくい人身売買や借金の実態など、当時の東国社会の生々しい現実を知る貴重な資料となっています。

寺内にはその他、国指定重要文化財の法華堂・祖師堂をはじめとする堂舎、絵画や古記録・古文書などの数々の文化財があります。また周辺には日蓮が鎌倉にむけて船出したという二子浦(現船橋市二子周辺)の伝説など、日蓮にまつわる伝説も豊富にのこされています。
これらにより大本山としてはもちろん、さながら文化財の宝庫として、法華経寺の名は全国に知られています。

古くは室町時代の連歌師柴屋軒宗長、また、江戸名所図会にも描かれ、明治の文人正岡子規の句にも詠まれて、高濱虚子の写生文集「中山寺」は子規に促されて訪れた中山法華経寺や明治時代の市川市の様子を描いています。また、幸田露伴の代表作「五重塔」にも中山鬼子母神として登場し、永井荷風も法華経寺を訪れ、「断腸亭日乗」や「葛飾土産」戦後間もない法華経寺の様子を描いています。


中山法華経寺境内案内板(平成十年十二月 市川市教育委員会)より
中山村法華経寺門前助兵衛の慶応元年身延道中記 より

日蓮宗大本山 正中山法華経寺境内の堂塔

法華経寺案内図
中山法華経寺境内にはたくさんの堂塔があります。国指定の重要文化財であり日蓮宗で最古の建造物でもある法華堂をはじめ四足門、祖師堂、五重塔。
上の図は、法華経寺境内に掲示されている案内図です。このようにたくさんの堂塔があります。法華経寺内堂塔の案内は堂塔案内ページでご確認ください。

正中山法華経寺の文化財

国指定重要文化財五重塔 国指定重要文化財祖師堂 国指定重要文化財法華堂 国指定重要文化財四足門

正中山法華経寺所蔵文化財一覧

正中山法華経寺には国宝、国指定重要文化財のほかにもたくさんの文化財が保存されています 。

正中山法華経寺の塔頭・山内寺院

遠寿院の春 中山奥之院の本堂 清水寺の桜 本光寺のしだれ桜

大本山正中山法華経寺の塔頭・山内寺院一覧

正中山法華経寺には大本山の名にふさわしく、荒行道場として知られる遠寿院、四院家と呼ばれる寺院ほか、たくさんの塔頭寺院があります。
  • 正中山池本寺
  • 仁受山智泉院
  • 正中山陽雲寺
  • 大覚山本妙寺(根切の祖師)
  • 正中山遠寿院
  • 正中山本光寺
  • 護国山安世院(四院家)
  • 正中山高見寺
  • 如意山蓮行寺
  • 玄妙山本行院(四院家)什師屋敷
  • 正中山清水寺
  • 永昌山浄鏡寺
  • 正中山浄光院(四院家)
  • 正中山法宣院(四院家)鍋かぶり日清聖人得度の寺院
  • 本覚山日英寺
  • 東照山妙円寺
  • 奥之院

正中山法華経寺の交通案内と所在地

正中山法華経寺の最寄り駅と住所

  • JR総武線下総中山駅下車 徒歩5分
  • 京成線京成中山駅下車 徒歩1分
  • 千葉県市川市中山2−10−1

日蓮宗大本山 正中山法華経寺 境内と周辺の観光名所ご案内

法華経寺本院

本院(大客殿)・鬼子母神堂(尊神堂)

本院の奥に鬼子母神堂があります。日蓮大聖人御親刻の鬼子母神像を安置されています。。怨魔退散、子育ての守護神として崇められています。
法華経寺の桜

法華経寺の四季

法華経寺の春は満開の桜に彩られます。夏は龍王池の蓮の花、秋は泣き公孫樹。大荒行入行会、大荒行成満会、節分会など季節ごとに趣があります。 また、春と秋には境内で骨董市も開かれます。

重要文化財祖師堂

祖師堂 大堂 国指定重要文化財

比翼入母屋造りのお堂。中老日法上人の作の日蓮聖人像が安置されています。両脇には当山歴代6祖の御像を奉安いたします。正面の大額「祖師堂」は本阿弥光悦筆。
重要文化財五重塔

五重塔(国指定重要文化財)

江戸時代前期元和5年(1622)18世正教院日慈上人代に本阿弥光室の本願により、加賀(石川県)前田公の寄進により建立されました。三間四面銅板葺。

重要文化財法華堂

法華堂(国指定重要文化財)

鎌倉時代文応元年(1260)創建。日蓮聖人自ら一尊四菩薩を開眼安置。百日百座説法の霊跡。
重要文化財四足門

四足門(国指定重要文化財)

切妻造檜皮葺、約七百年前鎌倉愛染堂に在ったものを移築して法華堂の正門に立てたもの。

伊東忠太作法華経寺聖教殿

聖教殿

建築家伊東忠太氏の設計。法華経寺の寺宝を保管している。11月のお風入れの際には、その一部を公開しています。
清正公大神祇堂

諸願成就祈願堂 清正公大神祇堂

清正公大神祇とは、戦国武将で大壇越の加藤清正公没後、神仏の化身として信仰するようになったのだそうです。

法華経寺の荒行堂

荒行堂

三大荒行で知られる日蓮大聖人直授の秘伝、大荒行が行われる 11月1日より2月10日までの百日間、この建物で行われます。
法華経寺の仁王門

仁王門(赤門・三門)

三門・赤門とも呼呼ばれています。広壮な建物。扁額「正中山」は桃山から江戸時代に活躍した本阿弥光悦筆によります。

法華経寺の刹堂

刹堂

十羅刹女・鬼子母尊神・大黒様を安置し、罪障消滅の霊場として、参詣者が終日、太鼓の音を響かせている。甲子の日は特別祈祷が厳修される。
法華経寺の黒門

黒門(市指定有形文化財)

総門とも呼ばれています。古風にして雄大、太田資順筆の如来滅後、閻浮提内、本化菩薩、初転法輪、法華道場の額を揚げてあります。

日蓮聖人開眼八大龍王堂

八大龍王堂

日蓮聖人開眼の八大龍王を祠る御堂。雨乞の霊験ありと伝えられています。近年は商売繁盛の守護神として参詣者が後を絶ちません。
宇賀徳正神の本社

宇賀神堂

法華経寺の守護の宇賀徳正神の本社であり、財福の神として広く知られている。この裏手に清正公堂や太田稲荷が祀られている。

酉の市と法華経寺妙見堂

妙見堂

千葉家伝来の北辰妙見尊星を第3代日祐上人が正法護持国土安穏除災招福の守護神として奉安する。11月には酉の市も行われます。
法華経寺の奥之院

法華経寺奥ノ院

奥之院は日蓮聖人がはじめて説法をした地とされています。また、法華経寺第一世貫主、日常聖人が法華寺を建立した地です。

法華経寺の大仏

大仏(釈迦如来坐像)

享保4年(1719)法華経寺59世日禅上人代に鋳造され身丈1丈6尺台座2間半、鋳像では千葉県一を誇る大きさである。
日常聖人と泣き銀杏

日常聖人像と泣き公孫樹

中山法華経寺第一世貫主日常聖人の銅像です。奥之院にもあります。そして日常聖人と息子の日頂上人ゆかりの泣き公孫樹。

鏡池跡、絵馬堂、鐘楼堂

鏡池跡、絵馬堂、宝殿門、龍閑橋

法華経寺には重要文化財以外にも、鏡池跡、龍閑橋、宝殿門、鐘楼堂、そしてその周りには季節ごとに咲く花々があります。
本阿弥光悦ゆかりの法華経寺

法華経寺とゆかりの文人・芸術家

安土桃山から江戸初期にかけて活躍した芸術家本阿弥光悦のほか、連歌師宗長、明治の詩人正岡子規ほか法華経寺を訪れています。

桜の花見の名所中山法華経寺

桜のお花見の名所 中山法華経寺

中山法華経寺は桜のお花見の名所として、桜の季節にはたくさんの参拝客で賑わいます。
市川市東山魁夷記念館

中山法華経寺界隈の散歩道

法華経寺の周辺には、塔頭寺院ほか東山魁夷記念館などがあり、歴史と文化を楽しめる散歩道です。