本文へスキップ

Nakayama is between Narita And Haneda International Airport

中山・下総・散歩道

甲大神社 | 武将の甲を祀った伝説の神社

甲大神社
JR・都営新宿線本八幡駅脇の行徳街道を行徳に向かって歩くこと10分。京葉道路の高架線手前に小さな鳥居が重なり合うように立つ神社が目に入ります。甲大神社です。この大和田の地の鎮守の神社。御祭神は誉田別命、つまり応神天皇です。社伝によると、応神天皇の兜を祀るという説や、天皇の母神功皇后の兜甲を祀るという説もある。平将門の兜説。源義家の兜説など多くの言い伝えるのある神社です。江戸名所図会では、「甲の宮」とあり、国府台の合戦で戦った大将の兜を祀った神社で、行徳八幡宮が管理していたとあります。江戸川放水路ができる以前は、この甲大神社のある大和田や隣の稲荷木の地は行徳だったそうですから、行徳八幡宮だったのでしょうか。葛飾記には「兜八幡」という名で紹介しています。現在は葛飾八幡宮の管理りだそうです。古くから武士に篤く信仰されていた神社です。

甲大神社御由緒

甲大神社の由来

本神社後祭神は応神天皇をお祀りするとも伝え、また大神の甲を祭るとも伝う。
創建は古く人皇第66第一条天皇の永延2年8月8日、当地に鎮座、葛飾八幡宮の摂社にて「注連下」と称し大和田村の氏神たり。
古来武将の崇敬熱く、殊に武士たるもの当社前に於て乗打ちすれば、落馬すると云い伝う。里人の信仰ありて奉賓の誠と致すもの尠からず。
大正9年7月24日同所山皇後無格社天神社、及同庶無格社山王社合社の件許可せらる。
平成13年11月吉日
氏子中

甲神社境内案内板より


抜粋・引用および参考
「甲大神社の由来」同社案内板より
市川市ホームページ
江戸名所図会6 ちくま学芸文庫
房総叢書 紀元二千六百年記念 第8卷葛飾紀
房総叢書 紀元二千六百年記念 第6卷葛飾誌略

甲大神社・甲の宮までの交通案内と所在地

甲大神社・甲の宮の最寄り駅と住所

  • JR総武線・都営地下鉄新宿線「本八幡駅」徒歩10分
  • 京成本線「京成八幡駅」徒歩15分
  • JR総武線・都営地下鉄新宿線「本八幡駅」より京成トランジットバス「大和田兜橋」停留所下車徒歩1分
  • 千葉県市川市大和田2-5-4

下総総鎮守葛飾八幡宮・八幡周辺の観光名所 ご案内

葛飾八幡宮随神門

下総国総鎮守葛飾八幡宮

平安時代創建の八幡様。多くの関東武士や文学者に信仰された神社。
八幡のやぶしらず

八幡の藪不知(不知八幡森)

様々な伝説に彩られ、江戸の昔から知られた市川市の隠れた名所。

白幡神社の桜並木

白幡神社

源頼朝公の伝説のある白幡神社。参道の桜並木は、下から眺めても、上から見ても壮観。
白幡天神社の梅

白幡天神社

幸田露伴文学碑、永井荷風記念碑、勝海舟揮毫の社額、太田道灌と源頼朝ゆかりの古社。

宮久保山圓寺の藤まつり

宮久保山圓寺

長寿ふじと呼ばれる樹齢200年を超える藤の木で有名な古刹。ふじ祭りの時には参拝者で賑わいます。
御代院の小祠

御代院

菅野の住宅街にひっそりとたたずむ平将門とその将兵を生涯弔った菅野氏夫妻を祀る祠。

長谷山安国寺の妙見堂

長谷山安国寺

千葉寺の妙見菩薩像と同木で作られた妙見菩薩像を祀ることで知られる日蓮宗の古刹。
甲の社

甲大神社 甲の宮

応神天皇、神功皇后、平将門、源義家などの兜を祀ったという伝説のある神社。

脚本家水木洋子の家

脚本家 水木洋子の家

戦後から市川市八幡の地を拠点に日本映画の黄金期に多くの作品を残した脚本家水木洋子さんの家。
桜の名所真間川の桜並木

桜の名所 真間川

市川を縦横に流れる真間川は、桜の名所としても有名です。見の時期にはたくさんの人で賑わいます。

小栗判官ゆかりの神明寺

神明神社と鬼越山神明寺

保存木に囲まれた歴史ある神明社と小栗判官ゆかりの銀杏とお不動様で知られる鬼越山神明寺。
コルトンプラザの桜

コルトンプラザ周辺

JR本八幡駅からシャトルバスも出ている商業施設。博物館や図書館あり、一日中楽しめます。