本文へスキップ

Nakayama is in between Narita And Haneda International Airport

中山・下総・散歩道

諏訪神社と平田特別緑地保全地区は閑静な住宅街にのこる豊かな森

平田諏訪神社の鳥居と桜平田諏訪神社の桜の花
諏訪神社平田特別緑地保全地区は、住宅街の中にぽっかりとブロッコリーを立てたように緑が浮かぶ、市川市の昔の風土を今に伝える小さな森です。市川市の市の木「黒松」と砂の地面は、昔海辺だった様子を見せてくれます。永井荷風もこの風景を見ていたことでしょう。諏訪神社と平田特別緑地保全地区は、豊かな緑と市川の空気をゆっくりと味わえる素敵な杜です。

諏訪神社

平田諏訪神社の大鳥居平田諏訪神社の参道 平田諏訪神社の本殿平田諏訪神社境内の黒松

平田の諏訪神社

諏訪神社は千葉街道こと国道14号線と外環道の交差点すぐ西に鎮座する市川市平田の鎮守様。葛飾誌略によると、別当神主はなく、当時平田村で管理していたそです。御祭神は信州諏訪大社より勧請した大巳貴命の子である健御名方命と八坂刀賣命です。なお、「此神の氏子は獣肉を喰らう事を穢とせず」とあります。
また、市川に住んでいた文学者永井荷風の日記「断腸亭日乗」の昭和21年8月3日の段に諏訪神社が登場します。隣人のラジオの音に辟易して諏訪神社に筆記具を携えて訪れ、蚊に悩まされ家に帰る様子が記されています。文中に「諏訪神社の林下に至り」とあり、緑豊かな当時の様子がうかがえます。現在もたくさんの木々が境内に林立しています。市川市平田の諏訪神社は地域の風土を今にのこすタイムカプセルのような小さな神社です。


引用、抜粋並び参考文献
房総叢書 : 紀元二千六百年記念. 第6卷葛飾誌略
「新版 断腸亭日乗 第六巻」 岩波書店

平田特別緑地保全地区

市川市平田特別緑地保全地区平田特別緑地保全地区の木々 平田特別緑地保全地区の黒松林平田特別緑地保全地区の小径

平田特別緑地保全地区

平田特別緑地保全地区は、「諏訪神社の境内林と一連の樹林より成り、かつての海辺地の黒松林の様相を呈して、地域を代表するすぐれた景観を有していることから、都市住民の良好な生活環境を確保することを目的に、特別緑地保全地区に指定したものです。」と緑地内案内板に書かれています。広さは0.7ヘクタール、昭和56年3月20日に指定された雑木林のような緑地です。荷風が歩いた頃と変わらない、また、それ以前の地域の風土の残る緑地です。


引用、抜粋並び参考文献
平田特別緑地保全地区内案内板
市川市ホームページ

諏訪神社と平田特別緑地保全地区への交通案内と所在地

諏訪神社と平田特別緑地保全地区までのアクセスと住所

  • JR総武線「市川駅」徒歩15分。京成本線「市川真間駅」徒歩12分・「菅野駅」徒歩2分。
  • 千葉県市川市平田2−23−12(諏訪神社)
  • 千葉県市川市平田2−23(平田特別緑地保全地区)

諏訪神社と平田特別緑地保全地区近くの観光名所のご案内

市川市平田諏訪神社の大鳥居

諏訪神社と平田特別緑地保全地区

市川市の昔の風景を残す、閑静な住宅街に浮ぶ豊かな森。
市川市新田胡録神社の鳥居

胡録神社と黒松の並木道

新田の閑静な住宅街にのこる黒松並木と国道脇の小さな神社。

市川市平田の太子堂

平田の聖徳太子堂

平田地域の聖徳太子信仰の歴史を今に伝える小さなお堂です。
市川市新田の春日神社

新田の春日神社

桜と松、根上松のある住宅街にひっそりと佇む隠れ里のような御社。